« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年12月

Googleはどうやらガラケーを見捨てたようだ

パソコンでもガラケー(フィーチャーフォン。日本国内で発売されている(いた)携帯電話の大部分がこれに相当する)でも、Webブラウザで最初にブックマーク(お気に入り)登録するのはGoogleでした。

パソコンの方は別に以前となんら変わらないのですが、ガラケーの方は大きな変化が。
元々がシンプルな作りになっているため、トップページにいわゆるガラケーでアクセスしても特に問題なかったのです。それは今でも同じ。が、しかし・・・

その他(これはPC用サイトには表示されないため、確認にはガラケーでのアクセスが必要になります)を選んだ途端。

携帯電話用にしては不自然な位のデータのダウンロードを行った末、「接続が切断されました」のメッセージの後に、文字化けしたページが表示されます。

以前はこの「その他」からニュースへのリンクを辿ってニュース記事を閲覧していたのですが、もはや無理。

このあたりの事情はかなり専門的な内容になってしまいますので、子細は割愛します。また、Google社はApple社と並ぶ「スマートフォンのOS(Anoroid)」の供給元でもありますので、商売上の理由からも「日本でしか存在しないガラケー」のサポートなんて、切ってしまえという判断も理解はできます。また、今後の「Web標準」という潮流を考えてみても、それは正しい選択肢でしょう。例えばApple社がFlashのサポートを止めてしまったのと同様に。
ただなぁ、俺的には携帯電話に求めているのは、電話機能は当たり前としても、せいぜい、メールが見られるとか最低限のWeb閲覧ができるとかに加えて。やっぱりオサイフケータイとワンセグなんだよなぁ。別にスマートフォンである必要はないし。

補足しますが、日本の携帯電話には世界で初という日本ならではの技術がたくさんあるのです。
・Web閲覧
・電子メール(インターネットメール)のやりとりができる。
・カラー液晶。
・デジカメで撮った写真をメールできる(いわゆる、写メール)。
・ワンセグ。
・オサイフケータイ(Felica)。
ガラパゴス諸島のように「独自の進化を遂げた」という意味での「ガラケー」という言葉。私としては「日本だからこそできたオリジナルの文化」だと誇りに思っていますし、それが故に未だにガラケーにこだわっているのです。

だからこそ「アイフォーン」は買わないし(っていうか。ワンセグやオサイフケータイが当たり前だと思っていた私は危うく買いそうになったんだけどね)、「ガラパゴススマートフォン」も、悪くはないのだけれども、でも、だったらガラケーでも問題ないのでは?と思ってしまう自分がいます。(まぁ、世の中の趨勢をみてみれば、あと数年の命とは自覚していますけど)。

Google ってもしかしてウマシカ?と思える話

Google社と言えば世界を代表するIT企業。保守的なユーザーが多いと思われる日本国内に於いての知名度はもしかするとアップル社やマイクロソフト社ほどには認知度がないのかもしれませんが。(理由は不明ですが、何故か日本国内においてはWebブラウザと言えばIEが大前提&何故か検索サイトはYahoo! Japanしか知らない「その他大勢のユーザー」多し)

ただ、スマートフォンやタブレットでアップル社と事実上シェアを二分している「アンドロイド」とか、放送局でもよく利用される「Google earth」を知らない人はいないでしょう。また、単に買収しただけなのかもしれませんが「Youtube」もGoogle傘下となります。

ある調査期間の発表によれば、世界でもっとも使われているWebブラウザはGoogle Chromeだし、世界で3番目に使われているWebサーバーソフトもGoogleのものなのだとか。

以前の記事(http://nangokujin.cocolog-nifty.com/pasopaso/2010/12/post-67e3.html)で、Google 社と Apple 社の共同提案により絵文字が国際規格になったお話を紹介しましたが、まぁ、その位世界に与える影響が大きい企業の一つです。

でも、そんなすごい大企業なのに。「もしかして、おまえはバ◯かぁ~?」とツッコミたくなるような場面も何度となく体験しています。以下にその例をご紹介。

・IEでGoogle(日本語)のトップページにアクセスすると、「Google をスタートページにしませんか?」の表示。
 →あのう・・・最初からGoogleがスタートページなんですけど???(苦笑)

・IEでGoogle(日本語)のトップページにアクセスすると、「Google Chromeをインストールしませんか?」の表示
 →あのぅ・・・とうの昔にGoogle Chromeはインストール済みで、しかも標準のブラウザとして設定していますけど???(苦笑)
・Linux版のChromeでGoogleのサービスに接続すると、「お使いのブラウザは最新ではありません。最新版をインストールなんたらかんたら・・」の表示。
 →だったらさっさとLinux版の最新バージョンをリリースしろよ!(もはや失笑するしか)
って言うかぁ・・・・天下のGoogleさんなんだから、そういう事をチェックする仕組みくらい導入しろよ。もしかしてお前ら本当はバ◯なんじゃね?(もはや失笑を通り越して大爆笑)
これはクレームとかではなくて。いろんな意味で完璧すぎると思われるようなGoogleさんでも、そんな人間くさい欠陥があるという意味において。ちょっと笑えるし、ほっとする点でもあります。(^O^)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ