« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

Amazonの「あなたへのお勧め」で分かる自分の嗜好

Kindle Fire HDでAmazonのストアにアクセスすると、私へのお勧め商品がずらずら~っと並んでいます。このお勧め商品を眺めていると気づかされされるのが「私の嗜好」だったというお話です。

・プロジェクトX関連

→この番組が放映されていた当時、多忙でテレビを観るチャンスが少ない事もあり、番組の存在すら知りませんでした。ずいぶん後になってビデオを借りたりNHKオンデマンドで観たりしましたが、ごくごく一部しか把握していません。その分をKindle本で読み漁っているから。

・鉄道関連

→そんなに詳しいわけじゃなくって、移り変わる車窓の風景が楽しいという程度のファンです。何よりも鉄道だとお酒が飲めますからね~。これが車だと自分がドライバーの時は勿論、他人様に運転してもらっているのに「ああ、海が見えた~.綺麗だね~」などと、運転手さんが観たくても観られない景色で大騒ぎするわけにも、そして勿論お酒を飲むわけにもいかないからね。そんなこんなで軽度の「乗り鉄」かなぁ?という自覚はあります。
とは言え、電化されていない区間を走る鉄道車両を「電車」などとは絶対に言いませんけどね。

・宇宙関連

→もし仮に。あくまでも仮にのお話ですが。
数学が大好きで(まぁ、ここまではよい)、物理学も同様で(これも好きだったが。ただ、大学の一般教養の物理学の中で「流体力学」という目に見えない学問の世界についていけず挫折した)。更に加えて国語とか社会とか英語とか化学とか(国公立大学を初めとする一流大学入学に必要)が得意であれば。私の夢は「宇宙物理学者」になる事でした。
ええ、勿論。国語(特に漢文・古文)、英語、社会全般、理科(生物、化学)が大の苦手な上に嫌いだからろくに勉強しなかった私にとっては、宇宙物理学とか言う前にそもそも論として学者になるなんて「夢のまた夢」なわけです。なにしろ中学・高校と全て5段階評定の中で唯一「5」を取りつづけたのは「音楽」だけですからね~(^_^;
とは言っても、子供の頃に抱いた夢を簡単に諦められるわけもなく。未だに夢だけは追いつづけているのですね~。

・コミック

→名前は聞くけど一度も観たことがないとか。あるいはKndleで検索して初めてそういうコミックの存在を知ったとか。いまいちマイナーなのでコミックカフェに置いていないとか。発売日にコミックカフェに言ったけど人気が高くって結局観られなかったとか。etc...
そんなこんなでKindleコミックやら、リアルコミックを購入したりがよくあります。そんなわけでかつて注文した同じタイトルの巻が違うとか、同じ作者の他の作品とかがお勧めに並びます。

・けいおん(?)

ただ、お勧めの中に「けいおん」が表示されたのは驚きましたし、「なぜこれがお勧め?」とかなり悩みましたね。
「けいおん」はかなり以前にコミック全てを読みましたし、アニメ(再放送)も録画して全て観ていますので、Amazonで検索した筈がないのです。それなのに何故?
しばらく考えてある仮定が思い浮かびました。それは・・・

もしかして、「侵略?イカ娘」を購入したから?
それでもって、「そういう趣味を持っている人」だと思われたから?
#う~ん、私は「たまたま目にした興味深いもの」を購入したりはしますが。別に「2次元の世界の&ちょっと変わったギャルが好き」というわけではないのだがなぁ・・・

WWDC2013で発表されたMacBook Proで盛り上がる意外な商品とは?

6/10より開幕されたApple社の開発者向けイベントであるWWDC2013。
この場で発表されたMacBook Proが話題になっている。

参考)http://news.biglobe.ne.jp/it/0611/giz_130611_4069777394.html
とてもコンピューターとは思えない斬新な形と、まるでゴミ箱のようなデザインに賛否両論の渦が巻き起こっているようだ。

一方、我が国ではこのMacBook Proのデザインが元で、とある製品がにわかに注目を浴びている。
http://www.amazon.co.jp/ideaco-New-TUBELOR-%E3%82%B4%E3%83%9F%E7%AE%B1-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B0018NRM9U
注目して欲しいのは、そのカスタマーレビューだ。
発表されたMacBook Proのデザインがこのゴミ箱にそっくりな事から、所謂「ネタ」が複数書き込まれている。
曰く「WWDCの発表を受けて購入した」、曰く「コードが要らないのは革新的な進化」etc...
特に最も評価の高いレビューではこの文書を書いている時点で1800人もの人が「参考になった」という評価を挙げている。勿論、ネタとして。

慌てたのかどうかは分からないが、Amazon.co.jp公式アカウントでは、twitterやFaceBookで「コチラはゴミ箱ではありません」と案内している。

でもこういう姿勢ってなんだかな~?と思う。ネタであるレビューでもハッキリと「CPUやメモリは搭載されていない」など、決してコンピューターではない事に加え、ゴミ箱としてのレビューもしっかりと書き込まれている。
彼の国ならいざ知らず、我が国でそこまで必要かな~?・・・・んんっ?
本当に「コンピューターだと間違われかねない」事を心配しているのであれば、商品ページに目立つようにそう断り書きをすればよいのであって。なるほど、ちゃっかりと便乗しているわけですね。

Surface Pro日本発売とWindows8.1と

先週(2013年5月の最終週)は、マイクロソフトさんの発表で話題沸騰の感がありました。

ひとつは「Surface Pro」が日本でもいよいよ発売されるというニュースです。
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/29/246/

もうひとつはWindows8.1の発表です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/31/news048.html
かねてより、「Windows8 SP1」でスタートボタンが復活するだろうと「かなりのユーザーが勝手に決めつけていた」感がありますが、図らずもその通りになったという事で話題になっています。

Windows8の売れ行きが芳しくないのはけしてスタートボタンがないからだとは思いません。スマートフォンやタブレットに代表されるように、「個人のライフスタイルが変化した」事が一番の理由だと思っています。個人ユースに関しては。

一方、法人ユースに目を向けてみると、この2つは法人におけるPC選択のポイントが変わるかも?というくらいのインパクトがあると思います。

・10万弱でWindows Pro(ドメインに参加できる)とMS-Officeで最もよく使われる機能が揃うわけで。
・コンピューターには興味ないけれども、業務上の理由でそれを使っている人にとっては、新しい事を学ばなくて済むスタートボタンのようなものの復活はとても大きいし、従来通りのキーボード操作が出来るワケで。

一方で本音を言いますと。我々のようなSIerやら販売店は戦々恐々としているわけですが、それはまた別の機会に。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ