デジタル家電・地デジ化

それでも残るアナログ家電

本日、ブラウン管アナログテレビとVHSレコーダー2機の電源ケーブルを抜きました。
以前、地上波はいつ見られなくなるのか?の記事で、アナログ停波の瞬間をVHSレコーダーに録画するつもりである旨書きました。
しかし、私の住んでいる地域はケーブルテレビ局経由でテレビを見ています。デジタル家電に詳しい職場の後輩に聞いたところ、ここのケーブルテレビ局は当面の間アナログを停波しないのだとか!
がぁぁぁあああん。西暦2011年7月24日午前12時にいくら頑張っても「その瞬間」は見られないのです。
加えてVHSレコーダーが購入後10年目に入って、始めて誤作動をしました。予約録画のチャンネルや日付・時刻は選択できるのですが、決定ボタンが押せなくなったのです。電源の再起動で元に戻りましたが、何分にも10年近く使っていて始めての事。そろそろ限界なんだろうなぁと覚悟。ついでにアナログテレビも。
地デジ対応テレビが来るのは数日先ですが、以前より購入していた地デジチューナー付きHDDレコーダーとPC用モニター(DVI入力あり)を組み合わせて使っています。
されさて、これでアナログ家電とお別れかと言うとけしてそうではなく、未だに2つ程アナログ出力の家電があります。ひとつはパソコン。D-Sub15ピンのアナログRGB出力。そしてもうひとつは・・・・
プレイステーション2(PS2)。特に遊びたいゲームがあったわけではなかったのですが、まずはDVDプレーヤーとして購入。今でもDVDプレーヤーとして使っています。これだけ長きに渡って現役であり続けたゲーム機はこれだけだろうなぁ。PS2の発売以降、ショップやらレンタル店ではVHSからDVDへの移行が急速に進みました。
一方、PS3発売をきっかけにDVD→ブルーレイ(BD)への移行が急速に進んだかと言いますと、けしてそうではなく。PS3も発売以降5年程度の時間が経ち、そろそろ次期機種の発表があってもおかしくない頃。単なるBDプレーヤーとして買うにはちょっと効果すぎかな?
まぁ、そんなワケでまだまだアナログ出力の機器がすっかりなくなるというワケにはいかないのであります。

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ